人・街・自然が調和する「活力都市とやま」をめざして

Topics

2020年7月26日
竹田まさる後援会全体役員会(総会)開催
2020年7月 発行
市政報告Vol.5
2019年8月 発行
市政報告Vol.4
2018年8月 発行
市政報告Vol.3
2018年4月 発行
市政報告Vol.2
2017年8月 発行
市政報告Vol.1
  • 富山市議会録画中継 過去の会議をご覧になれます
  • 竹田まさる活動報告
  • 竹田まさる公式Facebook

ごあいさつ

富山の未来に活力を
ネクストステージへ前進

人口減少、超高齢化時代が到来し、2025年には全ての団塊の世代が後期高齢者となります。今後、経済成長は鈍化し税収は伸び悩む一方で、福祉需要の増大など社会構造や行財政運営は変わらざるを得ません。加えて、新型コロナウィルス禍により社会経済が大きな打撃を受け、市民生活も脅かされています。一日も早い回復のため富山の未来に活力が不可欠です。

市民のクオリティ・オブ・ライフと都市の魅力をさらに高めるとともに、子ども・高齢者・障害者などすべての人々が、地域、暮らし、生きがいを共に創り、高め合うことができる地域共生社会の推進が求められています。福祉の分野だけでなく、産業、防犯・防災、環境、交通、教育、都市政策など、人・分野・世代を超えてつながり、解決すべき課題が多くなっています。人・街・自然が調和する「活力都市とやま」の実現に向けネクストステージへ前進しましょう。

Profile

竹田まさる
昭和23年
富山市月岡町6丁目に生まれる(72才)
月岡小、月岡中、富山高校、富山大学経済学部卒
昭和46年
株式会社インテック入社
平成15年
同社常務取締役
その後
株式会社高志インテック代表取締役社長
株式会社インテック監査役、同社顧問を歴任(平成28年退任)
平成21年
越嶺会(富山大学経済学部同窓会) 副会長(現 常任幹事)
平成26年
月岡校下自治振興会長(平成30年退任)
月岡校下ふるさとづくり推進協議会長(平成29年退任)
平成29年
富山市議会議員
平成31年
厚生委員会副委員長
<現在>
富山市監査委員
月岡校下自治振興会顧問
月岡中学校同窓会長
月岡シニア野球クラブ代表
社会福祉法人光風会監事
社会福祉法人ルンビニ園評議員
富山市農協月岡地区総代代表

Vision

私は めざす 確かな経験 高い志
熱い「ふるさと愛」で
全力投球

01福祉の充実、子育て支援の強化と高齢者が生きがいを持てる街づくり

「人生100年時代」を迎え、地域包括ケアシステムの確立、福祉の充実をはかることにより、高齢者が尊厳ある生き方を目指すとともに、子育て支援の強化をはかり、「産みたい人が産める」環境の確保。

01若者たちが未来の可能性を確信できる産業・文化の街づくり

5GやAI時代に向け、技術開発基盤・大学等の研究機関を充実強化し、素粒子物理、デジタル技術、医薬、素材産業等を集積、上場企業を育成。伝統文化に加えて、若いクリエイターの活動を支援し最先端文化を発信。

01次代を担う心豊かな子どもたちを育む街づくり

世界に羽ばたく子どもたちや、地元に根付きふるさとを盛り上げる子どもたちに、実のある学校教育、家庭教育、社会教育により、豊かな感性、安定した情緒、および高い志を育む。

01安全・安心の街づくり

自然災害、防犯、火災、交通事故、鳥獣被害等、市民一人一人が当事者意識をもって細心の注意を払い、各種訓練に積極的に参加することにより共助を実現。

01豊かな自然と環境を守る街づくり

「立山仰ぐ特等席」に代表される豊かな自然は、先人から受け継いだ貴重な財産であり、清流豊かな河川、豊饒な富山平野、「天然の生簀」と云われる富山湾とともに、環境汚染から守り次世代に継承。

01農業の担い手確保と多面的機能が持続可能な街づくり

大規模農業法人と家庭営農により担い手を確保して、用水,農道、水田、潅水機能等多面的機能が持続可能な農村景観を維持。

01上滝線市内電車乗り入れ等、超高齢化時代にふさわしい交通インフラ・生活基盤が充実した街づくり

超高齢化時代が到来し、点から線、線から面まで及ぶ公共交通機関の整備が急がれる。上滝線市内電車乗り入れや最寄り駅にアクセス可能なコミュニティバスを整備し、買い物、イベント参加等市民の新しいアクティブな生活スタイルを希求。

後援会のご案内

竹田まさる後援会では、竹田まさるの活動を支えていただく後援会員を募集しています。
是非とも皆様方のご協力をお願い申し上げます。

お申込はこちら

ページトップ